あくせられーた

プログラミングやゲーム開発などをメインに書いてます

2021年12月02日

Minikubeをlinuxで利用する | kubernetes

WindowsやMacではGUIにてDockerとKubernetesのセットアップができます。

今回はLinuxではどうやんの?ってところで環境構築を実践していきます。

今回はkali-linuxを使っていますがubuntuでも同じようにできると思います。

VirtualBoxでいらない環境があったのでやってたらMiniKubeの利用でCPUが足りないと怒られた

Kubectlをインストール

このサイトを参考に進めるとkubectlコマンドが利用できるようになります。

https://kubernetes.io/ja/docs/tasks/tools/install-kubectl/

パスも通す素晴らしい例だと思います。

Dockerをインストール

そもそもDockerがなかったのでインストールします。

docker ps
Command 'docker' not found, but can be installed with:
sudo apt install docker.io    
sudo apt install podman-docker

必要なコマンドがわかったので” sudo apt install docker.io “でインストールします。

sudo apt install docker.io
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了        
状態情報を読み取っています... 完了        
以下の追加パッケージがインストールされます:
  cgroupfs-mount containerd criu libc-bin libc-dev-bin libc-l10n libc6 libc6-dev libc6-i386 libintl-perl libintl-xs-perl
  libmodule-find-perl libmodule-scandeps-perl libnftables1 libproc-processtable-perl libsort-naturally-perl locales needrestart
  nftables rpcsvc-proto runc tini

docker-composeもインストール

sudo apt install docker-compose

Minicubeのインストール

今どきMinicubeを使うのが正しい選択なのかわかりませんが、とりあえずlinuxで動かすためにインストールします。

https://minikube.sigs.k8s.io/docs/start/

CPU足りないと怒られるので増やしておきます

スタート時に謎のエラー発生

素晴らしいサイト

気を取り直して実行(長いです)

sudo minikube start –vm-driver=none

minikubeが動くことを確認

┌──(misaka㉿misaka)-[~]
└─$ sudo minikube status
[sudo] misaka のパスワード:
minikube
type: Control Plane
host: Running
kubelet: Running
apiserver: Running
kubeconfig: Configured

ダッシュボードを表示する

┌──(misaka㉿misaka)-[~]
└─$ sudo minikube dashboard
🔌  ダッシュボードを有効化しています...
    ▪ イメージ kubernetesui/dashboard:v2.3.1 を使用しています
    ▪ イメージ kubernetesui/metrics-scraper:v1.0.7 を使用しています
🤔  ダッシュボードの状態を検証しています...
🚀  プロキシを起動しています...
🤔  プロキシーの状態を検証しています...
http://127.0.0.1:43535/api/v1/namespaces/kubernetes-dashboard/services/http:kubernetes-dashboard:/proxy/

とりあえずここまでできれば環境構築もできた感じします。